成形時のメヤニ防止に役立つフッ素系離型剤は引火性がなく安全

ねじと工場

成形のメヤニ防止には離型剤導入がおすすめ

悩む作業員

成形による製造業では、使用する離型剤が生産性と品質を向上させる鍵を握ります。離型剤には、様々なタイプがありますが、ワックスやシリコンがベースとなっている離型剤とは異なり、フッ素コーティング剤を原料とするフッ素離型剤には多くのメリットがあります。フッ素離型剤は、フッ素の高い非粘着性を利用するため、成形物を容易に型から離すことができます。また水や油をはじき、汚れの吸着力が低いフッ素の特性を離型剤に取り入れることにより、型や成形物への離型剤の付着を最小限に止め、型の汚れ落としや成形物の洗浄等の手間を軽減します。フッ素離型剤は、塗布もスプレー式など簡単な上、重ね塗りも可能で、塗膜もワックスやシリコンに比べると非常に薄く、より精密な成形と型に的確に沿った離型ができます。押し出し成形時に問題となるメヤニも、フッ素離型剤であれば少ない塗布量でもしっかりと密着した離型膜ができ、連続成形でもメヤニを防ぐというメヤニの抑制対策には大きな効果をもたらします。フッ素離型剤は、引火性もなく安全で、フッ素の特徴を最大限に活用し、成形過程におけるコスト削減と時間の短縮、金型のメンテナンスの手間を省き、製造の拡大には必須と言える離型剤です。

Choices Article

Recent Posts